社福士試験32回!福祉行財政と福祉計画!問題48!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

福祉行財政と福祉計画:問題48

問題48:第7期介護保険事業計画(2018年度(平成30年度)開始)に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4◯、5×

1:×

地域包括支援センターが、創設されることになったのは、2005年(平成17年)です。

参考元:全国地域包括・在宅介護支援センター協議会

2:×

市町村が実施主体となる地域支援事業が開始されたのは、2005年(平成17年)です。

参考元:全国地域包括・在宅介護支援センター協議会

3:×

介護保険事業計画が、初めて地域包括ケア計画と位置づけられたのは、『第7期』ではなく『第6期』の介護保険事業計画です。

参考元:介護保険の第6期計画

4:◯

「基本指針」において、医療法に規定される医療計画と整合性を確保することの重要性が明記されています。

参考元:第7次医療計画及び第7期介護保険事業(支援)計画における整備目標及びサービスの量の見込みに係る整合性の確保について

5:×

第7期の第一号被保険者の保険料が『全市町村』ではなく、『全体の78%』が引き上げられています。

参考元:第7期計画期間における介護保険の第1号保険料について

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました