社福士試験32回!現代社会と福祉!問題27!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

現代社会と福祉:問題27

問題27:「外国人材の受け入れ・共生のための総合的対応策」に関する問
正答は1つ
1×、2◯、3×、4×、5×

1:×

地域における外国人の活躍と共生社会の実現を図る地方公共団体の主体的で先導的な取組のために、『社会福祉法人からの寄附金』ではなく、『地方創生推進交付金』により支援する様です。

(参考元:地方創生推進交付金等による地方における外国人材の受入れに対する支援制度

2:◯

災害時に避難所等にいる外国人被害者への情報伝達を支援する「災害時外国人支援情報コーディネーター」の養成研修を実施してる様です。

(参考元:災害時外国人支援情報コーディネーター制度に関する検討会報告書

3:×

外国人への行政・生活情報の提供において、個人情報保護の観点からソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の利用は『極力避ける』のではなく、『推進する』とされてる様です。

(参考元:外国人材の受け入れ・共生のための総合的対応策 4ページ目

4:×

『公営住宅法』ではなく『住宅セーフティネット制度』に基づき、外国人を含む住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅の登録や住宅情報の提供、居住支援等を促進してる様です。

(参考元:新たな住宅セーフティネット制度について

5:×

外国人への情報提供及び相談を行う一元的な窓口として、『厚生労働省の地方厚生局』ではなく『都道府県、指定都市及び外国人が集住する市町村約100カ所』に「多文化共生総合相談ワンストップセンター(仮)」を設置してる様です。

(参考元:外国人材の受入れ・共生のための総合的対応策 3ページ目

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲Amazonの「聴く」読書。▲
無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。
タイトルとURLをコピーしました