社福士試験32回!地域福祉の理論と方法!問題35!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

地域福祉の理論と方法:問題35

問題35:ボランティア活動について各法律で規定されている事項に関する問
正答は1つ
1◯、2×、3×、4×、5×

1:◯

災害対策基本法では、ボランティアによる防災活動が災害時において果たす役割が重要であることから、国及び地方公共団体は、その自主性を尊重しつつ、ボランティアとの連携に努めなければならないとされている様です。

参考元:災害対策基本法 第五条の三

2:×

社会福祉法では、市町村社会福祉協議会が、ボランティアコーディネーターを『配置しなければならない』ではなく、『配置されている団体・組織は珍しくない』とされている様です。

参考元:ボランティアコーディネーターとは

3:×

学校教育法では、全ての小中学校でボランティア活動など社会奉仕体験活動を実施『しなければならない』ではなく、『努める』とされている様です。

参考元:学校における奉仕活動・体験活動の推進に向けた取り組みの課題 5ページ右下

4:×

特定非営利活動促進法では、特定非営利活動法人の役員は、『無償のボランティアでなければ就任できない』という規定はない様です。

参考元:NPOの運営に携わる人はどんな人?

5:×

社会福祉法では、災害救助法が適用される災害が発生した場合、都道府県共同募金会は、『当該都道府県の区域内に限って災害ボランティアセンターの経費に準備金を拠出しなければならない』ではなく、『準備金の全部又は一部を他の県共募に拠出することができる』とされてる様です。

参考元:災害ボランティアセンターの資金

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲Amazonの「聴く」読書。▲
無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。
タイトルとURLをコピーしました