社福士試験33回!人体の構造と機能及び疾病!問題5!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...


人体の構造と機能及び疾病:問題5

問題5:障害にに関する問
正答は1つ
1×、2×、3◯、4×、5×

1:×

後天性免疫不全症候群による免疫機能障害は、内部障害に『該当しない』ではなく『該当します。』

2:×

「難病法」で定められた指定難病患者の『全て』ではなく『対象者』に、身体障害者手帳が交付されます。

3:◯

外傷性脳損傷による注意力の低下は、高次脳機能障害の症状の一つです。

4:×

一つの疾患から、複数の身体機能の障害を『来すことはない』ではなく『来すことはあります。』

参考元:PRTIMES/【医師アンケート】「複数の症状を有する患者さんの診断方法」について、6割の医師が、まずは一元論的に考えている

5:×

糖尿病による視覚障害では、身体障害者手帳を『取得できない』ではなく『出来ます。』

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...


タイトルとURLをコピーしました