社福士試験33回!地域福祉の理論と方法!問題34!

社会福祉士国家試験解説
ホームページリンク▶︎▶︎▶︎ 1日30分で合格する

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...
最新【令和3年度版】社会福祉士!社会福祉主事任用!転職サイトのおすすめ3選!
社会福祉士と社会福祉主事任用の転職サイトおすすめを3つに絞ってみました! とってもシンプルにまとめてみました! 横へスクロール出来ます→→→ 転職サイト 検索方法 検索ヒット数 【東京都の場合】 掲載求...

🔺🔺厳選した転職サイト🔺🔺

地域福祉の理論と方法:問題34

問題34:地域福祉の在り方に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

再更新予定!

1:×

社会保障審議会の「市町村地域福祉計画及び都道府県地域福祉支援計画策定指針の在り方について」(2002年(平均14年))は、専門のコンサルタントに計画の策定を請け負わせるべきであると提言した。

2:×

厚生労働省の「これからの地域福祉のあり方に関する研究会報告書」(2008年(平成20年))は、制度の対象とならない生活課題は、行政が原則として関与せず、住民同士の支え合いによって解決していく必要があると提言した。

3:×

社会保障審議会の「生活困窮者の生活支援の在り方に関する特別部会報告書」(2013年(平成25年))は、生活保護受給者が増加する中で、中間的就労を通じた生活困窮者の社会参加よりも一般就労を重視すべきであると提言した。

4:×

厚生労働省の「地域力強化検討会最終とりまとめ」(2017年(平成29年))は、地域共生社会の実現に向けて、地域住民が多機関協働の中核を担う必要があると提言した。

5:◯

厚生労働省の「地域共生社会推進検討会最終とりまとめ」(2019年(令和元年))は、既存の地域資源と狭間のニーズを持つ者との間を取り持つ、新たな参加支援の機能が重要であると提言した。

参考元:地域共生社会推進検討会 最終とりまとめ(案)について/14

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
ホームページリンク▶︎▶︎▶︎ 1日30分で合格する はじめに 🔺🔺厳選した転職サイト🔺&#x1...


ユーキャンの講座『相性診断』が出来ます。気になる方は、下記の広告から確認してみて下さい。

⏬⏬⏬⏬⏬⏬⏬

社会福祉士として相談業務をしています。実際に行ってる相談業務の管理方法をnoteでまとめてみました。下記のリンクからご参照下さい。

こちらをクリック▶︎note

タイトルとURLをコピーしました