社福士試験32回!児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度!問題142!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度:問題142

問題142:児童相談所の設置及び業務に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4◯、×

1:×

都道府県及び政令指定都市は、児童相談所を設置しなければならないが、中核市は設置することができるとされています。

参考元:第1章 児童相談所の概要/3.児童相談所の設置/(1)

2:×

児童相談所長が行う一時保護は、保護者の同意なく『1ヶ月』ではなく『2ヶ月』を超えてはならない。とされています。

参考元:第5章 一時保護/2.一時保護の期間、援助の基本/(2)

3:×

児童相談所長は、『児童本人の意に反して一時保護を行うことはできない』ではなく『児童本人の同意を得なくても保護することができる。ただし、その子どもや保護者の同意を得られるよう十分な調整を図る』とされています。

参考元:第5章 一時保護/3.一時保護の強行性/(2)

4:◯

児童相談所長は、児童等の親権者に係る民法の規定による親権喪失の審判の請求を行うことができます。

参考元:民法等の一部を改正する法律の概要/◯親権の喪失等の請求権者の見直し

5:×

『管理栄養士』ではなく『所長、児童福祉司、相談員、精神科を専門とする医師など』の配置又はこれに準ずる措置を行うものとするとされています。管理栄養士の配置の規定はされていません。

参考元:第2章 児童相談所の組織と職員/第3節 職員構成

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました