社福士試験32回!児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度!問題138!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度:問題138

問題138:児童福祉法に基づく里親制度に関する問
正答は1つ
1×、2◯、3×、4×、5×

1:×

里親には、養育里親、養子縁組里親、親族里親、『週末里親』ではなく『専門里親』の4種類があります。

参考元:公益財団法人全国里親会/里親の種類と要件

2:◯

里親となることを希望する者に配偶者がいなくても、都道府県知事が認めれば里親として認定されます。

参考元:◯里親制度の運営について/里親制度運営要綱/第4里親の認定等の(6)

3:×

『全ての里親』ではなく『養育里親、養子縁組里親、専門里親(親族里親以外)』希望者(3種類)は、必要な研修を受講することが義務づけられています。

参考元:里親制度(資料集)/里親登録(認定)の要件/3(4ページ目)

4:×

一人の里親希望者に対して、異なった種類の里親を重複して『認定することはできない』ではなく『認定しても差し支えない』とされています。

参考元:里親委託ガイドライン/27ページ目

5:×

里親への委託が開始される児童の年齢は、『12歳未満』ではなく『18歳未満』と定められています。

参考元:里親委託ガイドライン/26ページ目

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました