社福士試験32回!低所得者に対する支援と生活保護制度!問題68!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

低所得者に対する支援と生活保護制度:問題68

問題68:福祉事務所の生活保護現業員による保護申請時に行う説明に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4◯、5×

1:×

生活保護法第四条から、『働くことが可能との医師の判断』に関係なく、『保護の補足性』の内容から、『生活保護を受給できない』と説明するのは適切ではないと思われます。

参考元:生活保護法/(保護の補足性)第四条

2:×

生活保護法第四条から、『Jさんに娘がいる場合』に関係なく、『保護の補足性』の内容から、『娘からの扶養を受けることが生活保護を受給するための要件となる』と説明するのは適切ではないと思われます。

参考元:生活保護法/(保護の補足性)第四条

3:×

生活保護法第四条から、『自宅が持ち家の場合』に関係なく、『保護の補足性』の内容から、『処分した後に生活保護を受給できる』と説明するのは適切ではないと思われます。

参考元:生活保護法/(保護の補足性)第四条

4:◯

収入に変更があった場合は、申告する義務があることを説明するとされています。

参考元:生活保護法/(届出の義務)第六十一条

5:×

保護申請は、『福祉事務所指定の申請書でなければ受け付けられない』と説明するのは適切ではないと思われます。

参考元:生活保護法/(申請による保護の開始及び変更)第二十四条

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました