社福士試験32回!低所得者に対する支援と生活保護制度!問題67!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

低所得者に対する支援と生活保護制度:問題67

問題67:福祉事務所の組織及び設備に関する問
正答は1つ
1×、2◯、3×、4×、5×

1:×

福祉事務所の現業を行う所員(現業員)の定数については、『生活保護法』ではなく『社会福祉法(第16条)で定めています。

参考元:(2)生活保護行政の執行体制の整備状況/③事務を行う所員

2:◯

市が設置する福祉事務所の社会福祉主事は、生活保護法の施行について、市長の事務の執行を補助するとされている様です。

参考元:生活保護法/第二十一条

3:×

福祉事務所の指導監督を行う所員(査察指導員)、現業を行う所員(現業員)、いずれも社会福祉主事でなければならないとされていますが、『事務を行う所員』は含まれていません。

参考元:社会福祉法の規定/第十五条の6

4:×

福祉事務所の長は、『厚生労働大臣』ではなく『都道府県知事又は市町村長』の指揮監督を受けて、所務を掌理するとされています。

参考元:社会福祉法の規定/第十五条の2

5:×

『福祉事務所に置かれている』に限った事ではなない様です。又、社会福祉主事は、『25歳以上の者』ではなく『20歳以上の者であって、人格が高潔で、思慮が円熟し、社会福祉の増進に熱意があるもの』とされている様です。

参考元:社会福祉法の規定/第十九条

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました