社福士試験32回!就労支援サービス!問題143!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

就労支援サービス:問題143

問題143:日本の労働法制に関する問
正答は1つ
1×、2×、3◯、4×、×

1:×

日本国憲法第28条が保障する労働三権は、団結権、団体交渉権、『勤労権』ではなく『団体行動権』です。

参考元:日本労働組合総連合会/労働三権(労働基準権)とは

2:×

労働者災害補償保険の保険料は、『事業主と労働者が折半』ではなく『全額、事業主』が負担します。

参考元:社会保険の基礎知識4/労働保険(労災保険・雇用保険)とは

3:◯

雇用保険法において失業とは、被保険者が離職し、労働の意思及び能力を有するにもかかわらず、職業に就くことができない状態にあることをいいます。

参考元:◯雇用保険法その他関係法令の施行について/第一基本手当/1概要

4:×

最低賃金法に基づく地域別最低賃金は、『都道府県知事』ではなく『厚生労働大臣又は都道府県労働局長』が決定します。

参考元:◯最低賃金法/(地域別最低賃金の決定)第十条

5:×

『労働契約法』ではなく『労働基準法』は、使用者は、労働者に1週間について40時間を超えて労働させてはならないと規定されています。

参考元:厚生労働省/労働時間・休日/労働時間・休日に関する主な制度

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました