社福士試験32回!障害者に対する支援と障害者自立支援制度!問題61!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

障害者に対する支援と障害者自立支援制度:問題61

問題61:障害者基本法に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

1:×

法の目的では、障害者本人の自立への努力について『規定されている』ではなく『削除するものとする』されています。

参考元:障害者施策/第六 自立への努力(旧第六条関係)

2:×

都道府県は、都道府県障害者計画の策定に『努めなければならない(努力義務)』ではなく『策定しなければならない(義務)』と規定されています。

参考元:内閣府/障害者基本法/(障害者基本計画等)第十一条

3:×

国及び地方公共団体は、『重度の障害者について、終生にわたり必要な保護等を行うよう努めなければならないと規定されている』という内容はの記載はない様です。

参考元:内閣府/障害者基本法

4:×

社会的障壁の定義において、社会における慣行や観念は『除外されている』ではなく『含まれている』とされています。

参考元:内閣府/障害者基本法/(定義)第二条

5:◯

障害者政策委員会の委員に任命される者として、障害者が明記されています。

参考元:内閣府/障害者基本法/(政策委員会の組織及び運営)第三十三条

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました