社福士試験32回!障害者に対する支援と障害者自立支援制度!問題60!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

障害者に対する支援と障害者自立支援制度:問題60

問題60:発達障害者支援法の規定に関する問
正答は1つ
1×、2×、3◯、4×、5×

1:×

『市町村』ではなく『国及び都道府県』は、個々の発達障害者の特性に応じた適切な就労の機会の確保、就労定着のための支援に努めなければならないとされています。

参考元:文部科学省/特別支援教室について/(就労の支援)第十条

2:×

都道府県は、支援体制の課題を共有するとともに、関係者の連携の緊蜜化を図るため、発達障害者支援地域協議会を『設置しなければならない』ではなく、『置くことができる』とされています。

参考元:発達障害者支援法/第十九条の二

3:◯

発達障害者とは、発達障害がある者であって発達障害及び社会障壁により日常生活又は社会生活に制限を受けるものをいう様です。

参考元:文部科学省/特別支援教育について/定義/第2条

4:×

都道府県知事は、発達障害者に対する専門的な就労の支援等を『障害者就業・生活支援センター』ではなく『発達障害者支援センター』に行わせることができる様です。

参考元:発達障害者支援法/(発達障害者支援センター等)/第十四条の二

5:×

『発達障害者支援法』ではなく『精神保健及び精神障害者福祉に関する法』に都道府県知事は、該当する者に精神障害者保健福祉手帳を交付するとされています。

参考元:精神障害者保健福祉手帳制度実施要領について

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました