社福士試験32回!社会調査の基礎!問題89!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

社会調査の基礎:問題89

問題89:量的調査の集計と分析に関する問
正答は1つ
1×、2×、3◯、4×、5×

1:×

質問紙調査のデータを集計する際に、全体的な回答の分布を見たい場合に、度数分布表を『用いることはない』ではなく『用いられています』。

参考元:1.2量的データの集計

2:×

データの分布を代表する値として平均値を用いている場合においても、中央値や最頻値は『見なくてもよい』とは、されていない様です。

参考元:なるほど統計学園高等部/中心的な傾向を捉える

3:◯

標準偏差は、調査データが全体としてどれぐらい平均値から離れて散らばっているのかを表す指標の一つです。

参考元:第1章統計用語−3 平均と標準偏差、変動係数/4. 標準偏差の意味/3ページ目

4:×

推測統計とは、『集計されたデータそのものの特徴を記述するための方法』ではなく『母集団から抽出した標本によって、母集団の傾向や特性を推測する統計的分析』のことです。

参考元:2-2 記述統計と推測統計

5:×

『オッズ比』ではなく『歪度』は、分布の左右対称性に関する指標のことです。

参考元:統計WEB/3-5.歪度と尖度/歪度

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました