社福士試験32回!相談援助の理論と方法!問題114!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

相談援助の理論と方法:問題114

問題114:グループワークにおいて、グループワーカーが活用する援助媒体に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

1:×

『メンバー間に形成されるのは、ソーシャルワーク関係』ではない。ソーシャルワーク関係が形成されるのは、ワーカーとクライエントの間です。

参考元:相談援助演習のための教育ガイドライン

2:×

『メンバーとグループワーカーの間に形成される相互援助関係』ではなく『メンバー同士の間に形成される相互援助関係』と思われます。

参考元:相談援助演習のための教育ガイドライン/(3)議論を促進する際のコミュニケーション/16

3:×

現在のグループの発達段階では達成が難しい、『高い目標設定をしたプログラム』ではなく『力量や時間的制限、社会資源の状況を考慮』することが大切だと思われます。

参考元:相談援助演習のための教育ガイドライン/(3)計画作成/14

4:×

グループワーカーが運営する『別のグループの集団規範』に当てはめることは適切ではないと思われます。理由としては、個別化の原則(独自なもの、他のメンバーとの相違、個別的など)により固有の特性があるからです。

参考元:コミュニケーション能力とグループワーク能力〜どう獲得するか〜/グループワーク基本原則

5:◯

援助目標達成に関わる人、物、社会制度等の社会資源が適切だと思われます。

参考元:第4節グループワーク

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました