社福士試験32回!相談援助の理論と方法!問題111!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

相談援助の理論と方法:問題111

問題111:ケースマネジメントの範囲や目的に関する問
正答は1つ
1◯、2×、3×、4×、5×

1:◯

クライエントのケアプランを作成し、サービス提供者へ送致するまでの中核的な機能に焦点化したものを最小限モデルと呼びます。

2:×

クライエントの暮らす地域のケアシステムを変革するために、ネットワーク推進、システム改変、計画化(施策提言)を含めるものを『包括的モデル』ではなく『システム指向モデル』の説明です。

参考元:ケアマネジメントにおける対人援助技術/2システム指向モデル/-2-

3:×

クライエントが利用する資源開発に向けての弁護機能、サービスの品質の監視、市民教育を含めるものを『コーディネーションモデル』ではなく『包括的モデル』の説明です。

参考元:他職種連携による包括的支援マネジメントに関する研究

4:×

クライエント本人を尊重し、利用者の利益を向上させるというソーシャルワークの価値、倫理を基盤にするものを『システム指向モデル』ではなく『利用者指向モデル』の説明です。

参考元:ケアマネジメントにおける対人援助技術/1利用者指向モデル/-2-

5:×

クライエントに対して、効果的で効率的なサービスの調整を目指すものを『利用者指向モデル』ではなく『コーディネーションモデル』の説明です。

参考元:コーディネーションとネットワーキングの手引き/生活支援コーディネーター/27

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました