社福士試験32回!相談援助の理論と方法!問題106!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

相談援助の理論と方法:問題106

問題106:事例を読んで、B社会福祉士が介入しようとしているシステムに関する問
正答は1つ
1×、2◯、3×、4×、5×

1:×

ミクロシステムとは、『個人・家族・小集団など』を対象としています。事例は、『Q市に居住している外国籍住民を対象(地域)』としているため、適切ではないと思われます。

参考元:3)ひきこもりの多様相支援(複合レベル支援)の考え方/-28-

2:◯

メゾシステムとは、『地域住民組織・学校や職場などやや大きなグループへの支援など』を対象としているため、適切だと思われます。

参考元:3)ひきこもりの多様相支援(複合レベル支援)の考え方/-28-

3:×

クロノシステムとは、『生態学的移行と密接に関連し、時代や世代間の変化をとらえるもの』というシステムのことです。この事例への関連性が低いため適切ではないと思われます。

参考元:コトバンク/発達生態学

4:×

マクロシステムとは、『都道府県や国の政策など』を対象としています。事例は、『Q市に居住している外国籍住民を対象(地域)』としているため、適切ではないと思われます。

参考元:3)ひきこもりの多様相支援(複合レベル支援)の考え方/-28-

5:×

エクソシステムとは、『両親の職場、兄姉の学校等の間接的環境』を対象としています。事例は、『Q市に居住している外国籍住民を対象(地域)』としているため、適切ではないと思われます。

参考元:子育て支援を促進する保育者の専門性と力量形成/3.保護者への子育て支援プログラムに関する研究/-18-

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました