社福士試験32回!相談援助の理論と方法!問題105!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

相談援助の理論と方法:問題105

問題105:事例を読んで、エイズ治療拠点病院のL医療ソーシャルワーカーの、この段階における応答に関する問
正答は1つ
1◯、2×、3×、4◯、5×

参考元
▶︎ソーシャルワーカーの倫理綱領

1:◯

「よくMさんを支え続けていらっしゃいましたね」という言葉に、Aさんに対して『尊重』という意味が込められているため、適切と思われます。

2:×

「お一人で生活していけるというお気持ちは、きっと一時的なものですね」という言葉に、「一時的なものですね」と『否定的』な言葉が含まれているため、適切ではないと思われます。

3:×

「面接室でお目に掛かることもこの先ないかと思うとお別れが寂しいですね」という言葉に、「お目にかかることもこの先ない」と『関係性の解消をする』という意味が含まれているため、適切ではないと思われます。

4:◯

「今後のことで相談が必要となるようなことがありましたらご連絡ください」という言葉、『関係性を維持する』という意味が含まれているため、適切と思われます。

5:×

「パートナーと死別した方のグループに入会しましょう」という言葉は、Aさんがそのグループに入会したいという意思は事例の中に含まれていないため、適切ではないと思われます。

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました