社福士試験32回!相談援助の理論と方法!問題103!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

相談援助の理論と方法:問題103

問題103:相談援助の過程に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

1:×

『プランニング』ではなく『アセスメント』とは、人と環境の相互作用の枠組みで情報収集及び分析を行う段階です。

参考元:ケアワーカーが行うアセスメントの特徴に関するー考察ーホリスティック概念を視野に入れてー

2:×

『エバリュエーション』ではなく『インテーク』とは、ソーシャルワーカーとクライエントが出会い、信頼関係を構築する段階です。

参考元:E.機能及び業務/-25-

3:×

『コーピング』ではなく『モニタリング』とは、実施されているサービスが適切に提供されているか事実確認を行う段階です。

参考元:モニタリングに関するガイドライン/2モニタリングの具体的内容/12

4:×

『インテーク』ではなく『エバリュエーション』とは、支援の成果を評価し、その状況によっては終結へと進む段階です。

参考元:横浜市相談支援従事者人材育成ビジョン/(オ)事後評価(エバリュエーション)/19

5:◯

インターベンションとは、援助計画に沿って支援を実施していく段階です。

参考元:(社)安全衛生マネジメント協会/インターベンションとは

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました