社福士試験32回!相談援助の理論と方法!問題101!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

相談援助の理論と方法:問題101

問題101:ソーシャルワーク実践理論の基礎に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4◯、5×

1:×

ランクの意志療法は、利用者の『過去』ではなく『現在』に着目し、利用者のパーソナリティの構造や自我の働きを捉える『診断主義学派』ではなく『機能主義学派』の礎となった様です。

参考元:1960年代以降のケースワーク諸理論の変遷とその考察/右側/(2)

2:×

ロスのコミュニティ・オーガニゼーション説は、『地域における団体間調整の方法』ではなく『一人一人に役割があり、組織がチームとして機能している状態』とされている様です。インターグループワークを提唱したのは『ロス』ではなく『ニューステッター』です。

参考元
▶︎価値観を共有するまちづくり
▶︎介護ぷらす/J.ロスマンの「コミュニティオーガニゼーション」とは

3:×

ホリスの心理社会的アプローチは、診断主義学派と『機能主義学派』ではなく『自我心理学』の様です。

参考元:1960年代以降のケースワーク諸理論の変遷とその考察

4:◯

タフトら機能主義学派は、ソーシャルワーカーが所属する機関の機能に着目し、機関におけるソーシャルワーカーの役割を重視した様です。

5:×

パールマンの問題解決アプローチは、精神分析や自我心理学の理論を『否定し、人・状況・その双方の関連性においてケースワークを捉えた』ではなく『機能主義の特質を取り入れたものであるため、折衷主義と位置づけられている』様です。

参考元:第7節さまざまなアプローチ/問題解決アプローチ

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました