社福士試験32回!相談援助の基盤と専門職!問題93!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

社会調査の基礎:問題93

問題93:ソーシャルワーク実践理論を発展させた人物に関する問
正答は1つ
1×、2×、3◯、4×、5×

1:×

『ベーム』ではなく『ジャーメイン』は、人間と環境の交互作用を基本視点として生態学的アプローチを展開しました。

参考元:序章|人と環境と精神保健

2:×

『ジャーメイン』ではなく『ベーム』は、ソーシャルワークを本質的な観点から検討し、ソーシャルワークの活動を三つの機能に分類して定義化を試みました。

参考元:社会福祉計画論序説

3:◯

シュワルツは、個人と社会の関係は共生的な相互依存関係であるとし、ソーシャルワーカーの媒介機能を重視する相互作用モデルを展開しました。

参考元:「媒体・過程モデル」の特質と援助過程研究

4:×

『ゴールドシュタイン』ではなく『バートレット』は、価値の体系、知識の体系および多様な介入方法の3要素に基づくソーシャルワーク実践の共通基盤を提唱しました。

参考元:第3章 これからの福祉思想

5:×

『バートレット』ではなく『ゴールドシュタイン』は、システム理論を指向した一元的アプローチを展開し、後に認知的−人間性専重アプローチを展開しました。

参考元:事業報告書

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました