社福士試験32回!心理学理論と心理的支援!問題11!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

心理学理論と心理的支援:問題11

問題11:前期高齢者(65〜74歳)における認知機能や知的機能の一般的な特徴に関する問
正答は1つ
1◯、2×、3×、4×、5×

記憶は
「形(かたち)さえ、イテー記憶」と覚えていました!

か:感覚記憶
た:短期記憶
ち:長期記憶
さ:作業記憶
え:エビソード記憶
イ:意味記憶
テ:手続き記憶

1:◯

作業記憶は、加齢に影響します。

作業記憶は、ワーキング・メモリーとも呼ばれ、これは「理解、学習、推論などの情報を保持しながら作業していく記憶」になります。

加齢になると、作業記憶、つまり同時に複数の作業をすることが難しくなります。

参考元
▶︎作業記録(ワーキング・メモリー)って何?
▶︎知的機能の変化と適応(22ページ)

2:×

エピソード記憶は、加齢に影響します。

エピソード記憶とは、時間や場所などの情報を伴った経験や体験のことです。
例えば
「昨日、美味しいラーメンを食べてきたんだ。」
「この間の休みに、車で紅葉を見に行ったんだ。」

という様に、『思い出』に近い記憶です。

参考元:知的機能の変化と適応(13ページ)

3:×

意味記憶は、加齢の影響が少ないです。

意味記憶は、「事実に関する知識」とされ、70歳代〜80代まで殆ど減少せず、むしろ加齢とともに増加します。

先ほどの例と関連させると
「あの店は、美味しいラーメン店だ。」
「紅葉は、秋の時期に見頃だ。」

という様に、『知識』に近い記憶です。

参考元:知的機能の変化と適応(12ページ)

4:×

流動性知能は、加齢に影響します。

流動性知能は、新しい環境や情報を処理、そして操作していくための知能のことです。

参考元:中高年者の知能の加齢変化

5:×

結晶性知能は、加齢の影響が少ないです。

結晶性知能は、これまで受けてきた教育や学習、そして経験から獲得しきた知能のことです。

参考元:中高年者の知能の加齢変化

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました