社福士試験32回!高齢者に対する支援と介護保険制度!問題134!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

高齢者に対する支援と介護保険制度:問題134

問題134:厚生労働省の介護人材確保対策に関する問
正答は1つ
1◯、2×、3×、4×、5×

1:◯

介護福祉士の資格等取得者の届出制度では、離職した介護福祉士に対し、その再就業を促進し効果的な支援を行うため、都道府県福祉人材センターに氏名・住所等を届け出ることを努力義務としています。

参考元:厚生労働省/介護福祉士の資格等取得者の届出制度

2:×

介護保険制度の介護報酬における介護職員処遇改善加算では、介護サービス事業所・施設等が特段の届出や要件を『問われることなく』ではなく『問われるとされ』、介護職員の賃金増額などを図るための加算を取得できることとなっています。

参考元:介護人材の処遇改善について/36

3:×

福祉・介護人材確保緊急支援事業により、キャリア支援専門員が『福祉事務所』ではなく『都道府県福祉人材センター』に配置され、個々の求職者にふさわしい職場を開拓するとともに働きやすい職場づくりに向けた指導・助言を行うこととなっています。

参考元:福祉人材センターについて/3.本年度の重点事項と課題/16

4:×

「2025年に向けた介護人材の確保」によると、介護人材の構造転換を図るために、『富士山型→まんじゅう型』ではなく、『まんじゅう型→富士山型』の方策へと転換を図る必要性が示されています。

参考元:2025年に向けた介護人材の確保/2(3ページ目)

5:×

「2025年に向けた介護人材の確保」によると、『中高年齢者等や介護未経験の者に対し、生活支援サービスの担い手養成のための研修の受講を支援するため』ではなく『介護福祉士養成施設・福祉系高校の学生を確保するため』、介護福祉士等修学賃金貸付制度の充実を図るとされています。

参考元:2025年に向けた介護人材の確保/(介護福祉士養成施設・福祉系高校)/13

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました