社福士試験32回!権利擁護と成年後見制度!問題78!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

権利擁護と成年後見制度:問題78

問題78:民法又は消費者契約法等の事例に関する問
正答は1つ
1◯、2×、3×、4×、5×

1:◯

Aさんにおいて、『判断能力が低下している状態』のため、その商品と同じ価値の商品をもう一つ引き渡すよう請求する余地はないと思われます。

参考元:いわゆる「つけ込み型」勧誘に関する取消権等の規律について/【各論】1−3判断力に関する規定<事例の検討②>/10ページ

2:×

Aさんにおいて、消費者契約法上、Aさんの誤認を理由とする売買契約の取消しをする余地は『ない』ではなく『ある』と思われます。

参考元:いわゆる「つけ込み型」勧誘に関する取消権等の規律について/<これまでの検討経緯>/◯2016年・2018年の改正により一定の手当がされた。/3ページ

3:×

Aさんにおいて、商品が引き渡されるまでは、代金の支払を拒む余地は『ない』ではなく『ある』と思われます。

参考元:SUUMO/同時履行の抗弁権

4:×

Aさんにおいて、U社の詐欺を理由とする売買契約の取消しをする余地は『ない』ではなく『ある』と思われます。

参考元:司法書士条文学習教材『択一六法』/民法第96条【詐欺又は強迫】

5:×

Aさんにおいて、契約当時、意思能力を有しなかったとして、売買契約の無効を主張する余地は『ない』ではなく『ある』と思われます。

参考元:東京都宅建協同組合/能力/1、意思能力

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました