社福士試験32回!福祉サービスの組織と経営!問題121!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

福祉サービスの組織と経営:問題121

問題121:集団の力学に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

1:×

集団の凝集性を高めるには、メンバー間の『異質性』ではなく『等質性』を強化して他の集団との競争を促進させる方策が重要であるとされています。

参考元:成員の間の等質性・異質性と集団による問題解決パフォーマンス

2:×

集団浅慮とは、集団が外部からの圧力により『長期的視野に立つ戦略的な意思決定』ではなく『深く考えずに決定』が起きる現象とされています。

参考元:MA総研/第5回「なぜ人は、集団の中で同調しやすいのか」

3:×

コンフリクトとは、集団内部に発生する対立や闘争であり、集団に肯定的な影響を『与えるものではない』ではなく『与えることもある』とされています。

参考元:「個が生きる授業」における「コンフリクト」の意義

4:×

集団の凝集性が高まると、メンバー間の親近感が強まるとともにリスクに対する警戒感が『強まり、意思決定は堅実なものになる』ではなく『弱まり、意思決定が浅慮になることがある』とされています。

参考元:集団凝集性による集団浅慮とは?意味やデメリット、対策方法について/集団凝集性を高めるデメリットとは?

5:◯

集団の凝集性が高くても、集団目標と組織目標の一致度が低い場所には、生産性が低下するとされています。

参考元:集団凝集性による集団浅慮とは?意味やデメリット、対策方法について/集団凝集性を高めるデメリットとは?

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...

タイトルとURLをコピーしました