社福士試験32回!現代社会と福祉!問題25!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

第32回社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

現代社会と福祉:問題25

問題25:ベヴァリッジ報告に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

1:×

福祉サービスの供給主体を多元化し、民間非営利団体を積極的に活用したのは、『ベヴァリッジ報告』ではなく、『ウルフェンデン報告』だと思われます。

(参考元:福祉生産・供給システムの生成と地域福祉制作 ー211ーの上の辺り

2:×

従来の社会民主主義とも新自由主義とも異なる「第三の道」路線を選択するように勧告したのは、『ベヴァリッジ報告』ではなく、『ギデンズをブレーンとして迎えたブレア政権』だと思われます。

(参考元:グローバル世界の市民性教育としての世界史 17ページ )

3:×

ベヴァリッジ報告は、社会保障のあり方を包括的にまとめているが、ソーシャルワーカーの専門性を高めるといった内容には触れていないと思います。

(参考元:ベヴァリッジ報告 社会保険および関連サービス

4:×

ナショナル・ミニマムは、『ベヴァリッジ』ではなく、『ウェッブ夫妻』が考え方を示した様です。

(参考元:ナショナルミニマムに関する議論の参考資料

5:◯

ベヴァリッジ報告の社会保障計画は、社会保険、国民扶助、任意保険という三つの方法で構成されてる様です。

(参考元:ベヴァリッジ報告 社会保険および関連サービス )

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲Amazonの「聴く」読書。▲
無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。
タイトルとURLをコピーしました