社福士試験32回!地域福祉の理論と方法!問題37!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

地域福祉の理論と方法:問題37

問題37:市町村社会福祉協議会に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

1:×

福祉サービスの苦情を解決するための運営適正化委員会は、『市町村社会福祉協議会』ではなく『都道府県社会福祉協議会』に設置されてる様です。

参考元:運営適正化委員会における福祉サービスに関する苦情解決事業について

2:×

生活支援コーディネーター(地域支え合い推進員)を配置てるのは、『社会福祉法』ではなく、『介護保険法の地域支援事業』に配置されてる様です。

参考元:生活支援体制整備事業と地域ケア会議に求められている機能と役割について 11ページ

3:×

『役員の総数は3分の1を関係行政庁の職員で構成しなければならない』ではなく、『役員の総数は、5分の1を超えてはならない』とされてる様です。

参考元:社会福祉協議会の現状 ー14ー

4:×

市町村社会福祉協議会に『第一種社会福祉事業の経営に関する指導及び助言を行う』という規定はない様です。都道府県社会福祉協議会には、『社会福祉を目的とする事業の経営に関する指導及び助言』という規定はあります。ただし、『第一種社会福祉事業』という限定的な内容ではない様です。

参考元:社会福祉協議会の目的、性格

5:◯

市町村の区域内における社会福祉事業又は更生保護事業を経営する者の過半数が参加する様です。

参考元:社会福祉法(「地域福祉」関係抜粋)3ページ

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲Amazonの「聴く」読書。▲
無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。
タイトルとURLをコピーしました