社福士試験32回!地域福祉の理論と方法!問題32!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

地域福祉の理論と方法:問題32

問題32:日本の地域福祉の歴史に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4◯、5×

1:×

隣保館は、日露戦争を契機として国による一元的な管理体制に移行したという様な記述はない様です。

参考元
▶︎指定管理者制度と隣保館
▶︎あしたの隣保館検討委員会報告
▶︎隣保館の設置及び運営について

2:×

中央慈善協会は、『全国の主要な都市で展開されていたセツルメント運動の組織化を図ることを目的として設立された』のではなく、『殖産興業と公的救済制度の創設や慈善事業家の活躍と全国的な連絡組織設立』が目的とされてた様です。

(参考元:中央慈善協会

3:×

共同募金会は、『関東大震災によって被災した人々を援助するために、政府の呼び掛けによって設立された』のではなく、『戦後間もない頃(昭和22年)、戦災孤児を預かる民間福祉施設などの資金不足を補うため』に始まった様です。

(参考元:共同募金について

4:◯

方面委員制度は,岡山県で発足した済世顧問制度を始まりとし,後に方面委員令 により全国的な制度として普及した様です。

(参考元:方面委員制度と済世顧問制度

5:×

市町村社会福祉協議会は,『戦後間もなく,社会福祉事業法の制定時に法制化された』のではなく、『昭和58(1983)年の社会福祉事業法の改正により』規定された様です。

(参考元:社会福祉協議会とは

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
\1冊目は完全無料&登録約3分/ ▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲ はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試...
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲Amazonの「聴く」読書。▲
無料体験終了後は月額¥1,500。いつでも退会できます。
タイトルとURLをコピーしました