社福士試験31回!児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度!問題138!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...


児童や家庭に対する支援と児童・家庭福祉制度:問題138

問題138:母子及び父子並びに寡婦福祉法に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

参考元:◯母子及び父子並びに寡婦福祉法

1:×

地方公共団体は、母子家庭・父子家庭が民間の住宅に入居するに際して、家賃の補助等の特別の『配慮をしなければならない』ではなく『配慮している自治体もあります。』

参考元:(公営住宅の供給に関する特別の配慮)第二十七条

2:×

この法律にいう児童とは、『18 歳』ではなく『20歳』に満たない者をいいます。

参考元:(定義)第六条の3

3:×

この法律にいう寡婦とは、『配偶者と死別した女子であって、児童を扶養した経験のないものをいう』ではなく『配偶者のない女子おしてこれまでに20歳未満の児童を扶養していたことがある人』をいいます。

参考元:(定義)第六条

4:×

都道府県は、児童を監護しない親の扶養義務を履行させるために、養育費の徴収を代行することができる。→代行する権限はありません。

参考元:(扶養義務の履行)第五条

5:◯

都道府県は、母子家庭の母親が事業を開始・継続するのに必要な資金を貸し付けることができます。

参考元:(母子福祉資金の貸付け)第十三条

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...


タイトルとURLをコピーしました