社福士試験31回!低所得者に対する支援と生活保護制度!問題66!

社会福祉士国家試験解説

 

\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

低所得者に対する支援と生活保護制度:問題66

問題66:事例(生活保護における扶養義務者との関わり)に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

参考元
▶︎扶養義務と生活保護制度の関係の正しい理解と冷静な議論のために

1:×

息子が住民税非課税であっても、息子はKさんに仕送りをしなければならない。→仕送りをしなくても良いとされています。

2:×

Kさんは、息子と同居することを条件に生活保護を受給することができる。→『同居』という理由で、受給することができるというのは適切ではありません。

3:×

福祉事務所は、息子の雇主に対して給与について報告を求めることが『できない』ではなく『できます。』

4:×

感情的な対立があることを理由に息子が扶養を拒否した場合、Kさんは生活保護を受給することができない。→『扶養』という理由で、受給が出来なくなるというのは適切ではありません。

5:◯

福祉事務所は、息子が仕送りを行った場合、その相当額を収入として認定します。

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...

タイトルとURLをコピーしました