社福士試験31回!障害者に対する支援と障害者自立支援制度!問題59!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

障害者に対する支援と障害者自立支援制度:問題59

問題59:事例(各関係期間の役割)に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4◯、5×

1:×

『特別支援学校の特別支援教育コーディネーター』ではなく『指定特定相談支援事業者の相談支援専門員』が、サービス等利用計画案を作成します。

参考元:サービス等利用計画作成サポートブック

2:×

『Q県(都道府県)』ではなく『市町村』が共同生活援助(グループホーム)の支給決定を行います。

参考元:市町村事務に関すること

3:×

『S市』に限らず『本人、配偶者、親族等』が成年後見の申立てを行います。

参考元:申立てをお考えの方へ(成年後見・補佐・補助)東京家庭裁判所後見センター

4:◯

相談支援事業所の相談支援専門員が、共同生活援助(グループホーム)への体験入居を提案します。

参考元:障害者への相談支援事業の経緯/25ページ目

5:×

Hさんの卒業後、『R市』ではなく『地域障害者職業センター』がHさんの就労先に職場適応援助者(ジョブコーチ)を派遣します。

参考元:厚生労働省/職場適応援助者(ジョブコーチ)支援事業について

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...

タイトルとURLをコピーしました