社福士試験31回!相談援助の理論と方法!問題113!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...


相談援助の理論と方法:問題113

問題113:グループワークに関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

参考元
▶︎ソーシャルグループワークを用いた実習指導の展開方法に関する一考察

1:×

最終目標は,まとまりのあるグループを作ることである。→『まとまりのあるグループを作る』ということだけがグループワークの目的ではない。

2:×

メンバー自身やグループ内の葛藤は,回避することが必要である。→『葛藤』は、回避するのではなく、メンバー同士で解決することが必要とされています。

3:×

『開始期』ではなく『作業期』では,メンバー間の相互援助システムの形成が促進されます。

4:×

メンバー個々の問題を解決する主体は,『ワーカー』ではなく『メンバー』です。

5:◯

プログラム活動は,グループワークの援助方法の一つとされています。

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
ホームページリンク▶︎▶︎▶︎ 1日30分で合格する はじめに 🔺🔺厳選した転職サイト🔺&#x1...



タイトルとURLをコピーしました