社福士試験31回!相談援助の理論と方法!問題107!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...


相談援助の理論と方法:問題107

問題107:ソーシャルワークの援助過程におけるソーシャルワーカーの役割に関する問
正答は1つ
1◯、2×、3×、4×、5×

参考元
▶︎保健医療機関におけるソーシャルワーク実習マニュアル

1:◯

ブローカー(仲介者)は、クライエントと必要な資源を結び付けることです。

2:×

『エデュケーター(教育者)』ではなく『メディエーター(媒介者)』は、クライエントと社会システムの不調和から生じるニーズに対して、葛藤を解決し、調整することです。

3:×

『ネゴシエーター(交渉者)』ではなく『エデュケーター(教育者)』は、クライエントに必要な情報やスキルを学習する機会を提供することです。

4:×

『イネーブラー(力を添える物)』ではなく『ネゴシエーター(交渉者)』は、クライエントの問題解決のために利害関係のある関係者と話し合うことです。

5:×

『メディエーター(媒介者)』ではなく『イネーブラー(力を添える物)』は,クライエントに支援、励まし、指示を与えることで、適切に課題を遂行したり、問題解決をできるようにすることです。

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...



タイトルとURLをコピーしました