社福士試験31回!相談援助の理論と方法!問題106!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...


相談援助の理論と方法:問題106

問題106:事例(Q市にある地域包括支援センターのC社会福祉士が行う援助過程)に関する問
正答は2つ
1◯、2×、3×、4◯、5×

参考元
▶︎地域包括支援センターが把握した地域で暮らす高齢者の孤立死の類型化

1:◯

V災害復興住宅周辺の住民も一緒に、孤立死の背景について話し合う機会を持つことは適切な対応だと思われます。

2:×

見守り支援活動をV災害復興住宅内の住民に『任せる』のではなく関係機関と協力しながら対応していくことが適切だと思われます。

3:×

V災害復興住宅内の掲示板に見守り支援を受けたい人を募る『チラシを掲示して様子を見る』のではなくチラシを見ない方々もいることを前提に対応していくことが適切だと思われます。。

4:◯

V災害復興住宅の全戸を対象とした訪問活動を行うことは適切な対応だと思われます。

5:×

D民生委員の負担に配慮し、『担当地域を変更することを提案する』のではなく、「一緒に考えてくれないか。」という言葉があるため、その思いに応える対応が適切だと思われます。

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...



タイトルとURLをコピーしました