社福士試験31回!相談援助の理論と方法!問題100!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...


相談援助の理論と方法:問題100

問題100:ピンカスらによる「4つの基本的なシステム」の中の、ターゲット・システムとチェンジ・エージェント・システムに関する問
正答は1つ
1×、2×、3◯、4×、5×

1:×

『ターゲット・システム』ではなく『チェンジ・エージェント・システム』は、役割を遂行するソーシャルワーカーを指します。

参考元:アルコール依存症者のリカバリーを支援するソーシャルワーク実施ガイド

2:×

『ターゲット・システム』ではなく『チェンジ・エージェント・システム』は、ソーシャルワーカーが所属している機関を指します。

参考元:アルコール依存症者のリカバリーを支援するソーシャルワーク実施ガイド

3:◯

ターゲット・システムは、変革努力の目標達成のためにソーシャルワーカーが影響を及ぼす必要のある人々を指します。

参考元:わが国におけるミクロ・メゾ・マクロソーシャルワーク/33

4:×

『チェンジ・エージェント・システム』ではなく『クライエント・システム』は、契約の下、ソーシャルワーカーの努力によって利益を受ける人々を指します。

参考元:わが国におけるミクロ・メゾ・マクロソーシャルワーク/33

5:×

『チェンジ・エージェント・システム』ではなく『アクション・システム』は、目標達成のために,ソーシャルワーカーと協力していく人々を指します。

参考元:わが国におけるミクロ・メゾ・マクロソーシャルワーク/33

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
ホームページリンク▶︎▶︎▶︎ 1日30分で合格する はじめに 🔺🔺厳選した転職サイト🔺&#x1...



タイトルとURLをコピーしました