社福士試験31回!相談援助の基礎と専門職!問題97!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...


相談援助の基礎と専門職:問題97

問題97:事例(H生活指導員によるこの時点での対応)に関する問
正答は2つ
1×、2◯、3◯、4×、5×

参考元
▶︎スーパービジョンの考え方と進め方

1:×

Jさんの担当を熟練した他の生活指導員に交代するよう、施設長に依頼する。この内容については、『交代』することが適切ではなく、熟練された生活指導員から指導を受けながらJさんとの関係を深めていくことが大切だと思われます。

2:◯

Jさんの今までの努力を認め、思いを聴き、今後の対応について一緒に考えることが大切だと思われます。

3:◯

Jさんのニーズを包括的に検討するため、ケースカンファレンスの開催を求めることが適切だと思われます。

4:×

職員会議の場で、Jさんの支援に関わる職員の選定を自分に任せてほしいと提案する。この内容については、『任せてほしい』というと提案することは適切ではなく、状況に応じて判断することが大切だと思われます。

5:×

Jさんの身元引受人である家族に連絡を取り、今後の方針を委ねる。この内容については、『委ねる』ということは適切ではなく、ご本人の同意や家族の方針など確認しながら進めていくことが大切だと思われます。

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...



タイトルとURLをコピーしました