社福士試験31回!相談援助の基礎と専門職!問題95!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...


相談援助の基礎と専門職:問題95

問題95:アドボカシーに関する問
正答は1つ
1×、2◯、3×、4×、5×

参考元
▶︎アドボカシーにおける権利擁護の機能

1:×

『ソーシャルワーカー自身の利益』ではなく『利用者の利益を守る』ために、サービス利用者の権利を擁護します。

2:◯

サービス利用者の主体的な生活を実現するために、その意思や権利を代弁することです。

3:×

『サービス提供機関が利用者』ではなく『利用者がサービス提供機関』に訴えられた場合に、『サービス提供機関』ではなく『利用者』の権利を代弁します。

4:×

自らの意思を示すことが困難なサービス利用者の権利を、『その家族や友人』ではなく『利用者本人』の判断に基づいて擁護することです。

5:×

『サービス利用者の主張と、利害の対立する相手方の主張とを中立的な立場で調整』ではなく『サービス利用者の立場を代弁しながら、利用者の権利を擁護』することです。

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...



タイトルとURLをコピーしました