社福士試験31回!心理学理論と心理的支援!問題9!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

心理学理論と心理的支援:問題9

問題9:感覚・知覚に関する問
正答は1つ
1×、2×、3◯、4×、5×

1:×

体制化における閉合の要因は、『錯視の一つである』ではなく『錯視は含まれていません』。

参考元:ゲシュタルト心理学ーヴェルトハイマーの業績

2:×

形として知覚される部分を『地』→『図』、背景となる部分を『図』→『地』です。

参考元:思考の図と地:フレーミングによる肯定・否定の非対称性

3:◯

仮現運動は、知覚的補完の一つです。

参考元:運動の知覚

4:×

大きさの恒常性とは、『網膜に映し出されたとおりに大きさを知覚すること』ではなく『網膜に映し出された大きさとは異なる大きさで知覚すること』です。

参考元:2章 大きさ知覚/1.大きさの恒常性

5:×

『圧刺激によって光を感じ取る場合』ではなく『目には光が、耳には音がそれぞれの感覚器に適した刺激のこと』を適刺激といいます。

参考元:啓林館/ミューラーの法則

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...

タイトルとURLをコピーしました