社福士試験31回!高齢者に対する支援と介護保険制度!問題134!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...


高齢者に対する支援と介護保険制度:問題134

問題134:老人福祉法に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4◯、5×

1:×

社会福祉法人は、『厚生労働大臣』ではなく『都道府県知事』の認可を受けて、養護老人ホーム又は特別養護老人ホームを設置することができます。

参考元:特区で一部認められた規制改革の早急な全国規模での実施

2:×

有料老人ホームの設置者は、あらかじめその施設を設置しようとする地域の『市町村長』ではなく『都道府県知事』に法定の事項を届け出なければならなりません。

参考元:◯老人福祉法/(届出等)第二十九条

3:×

民生委員は、老人福祉法の施行について、市町村長、福祉事務所長又は社会福祉主事の指示に『従わなければならない』ではなく『協力する』とされています。

参考元:民生委員と生活福祉資金/諸制度と民生委員・児童委員との関係

4:◯

都道府県は、老人福祉施設を設置することができます。

参考元:特区で一部認められた規制改革の早急な全国規模での実施

5:×

『国』ではなく『地方公共団体』は、教養講座、レクリエーションその他広く老人が自主的かつ積極的に参加できる事業の実施に努めなければなりません。

参考元:◯老人福祉法/(老人福祉の増進のための事業)第十三条

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
ホームページリンク▶︎▶︎▶︎ 1日30分で合格する はじめに 🔺🔺厳選した転職サイト🔺&#x1...


タイトルとURLをコピーしました