社福士試験31回!権利擁護と成年後見制度!問題83!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

権利擁護と成年後見制度:問題83

問題83:児童福祉法と「児童虐待防止法」に関する問
正答は1つ
1×、2×、3◯、4×、5×

1:×

児童虐待の通告義務に違反すると『刑罰の対象となる』ではなく『罰則規定はありません。』

参考元:通告義務

2:×

立入調査には『裁判所の令状』ではなく『都道府県の指示』が必要です。

参考元:児童虐待の防止等に関する法律及び児童福祉法の一部を改正する法律要綱

3:◯

親権者の意に反し、 2 か月を超えて一時保護を行うには、家庭裁判所の承認が必要です。

参考元:東京都一時保護要請/2ページ目

4:×

本人と同居していない者が保護者に『該当することはない』ではなく『該当すことはあります(同居の有無は問わない)。』

参考元:厚生労働省/児童虐待の防止等に関する法律

5:×

児童虐待には、保護者がわいせつな行為をさせることは『含まれない』ではなく『含まれています。』

参考元:オレンジリボン運動/児童虐待防止法制度

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...



タイトルとURLをコピーしました