社福士試験31回!福祉サービスの組織と経営!問題125!

社会福祉士国家試験解説



はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...


福祉サービスの組織と経営:問題125

問題125:人事管理に関する問
正答は1つ
1×、2◯、3×、4×、5×

1:×

目標管理制度で部下が目標を設定する際は、チームや組織の目標とは無関係に、部下の個人的な目標を設定するのが原則である。→チーム、組織、個人の目標等を共有することが重要とされています。

参考元:カオナビ/MBO(目標管理制度)とは?目標設定、評価、運用、OKRとの違い、メリット・デメリットについて

2:◯

ダイバーシティ・マネジメントにおいては、人材の多様性は組織に様々な価値や利益をもたらすと考えられています。

参考元:RELO総務人事タイムズ/ダイバーシティマネジメントのメリット。日本企業の現状や導入する際の注意

3:×

成果主義による人事評価とは、職員の『潜在能力』ではなく『仕事の結果』に着目して、処遇や昇進などの評価に差をつけることをいいます。

参考元:あしたの人事/人事評価制度とは?どういうもので、どうあるべきかを解説

4:×

人事評価におけるハロー効果とは、『評価が標準・普通に集中すること』ではなく『部分的な評価が全体の評価に影響すること』をいいます。

参考元:ITトレンド/ハロー効果が人事評価に与える影響とは【マネジャー必見】

5:×

『職務給』ではなく『年功給』とは、組織内の職位と年齢に応じて、職員の給与に格差を設ける給与をいいます。

参考元:中途採用サポネット/賃金制度の種類とメリット・デメリットについて/高度経済成長期に主流だった「年功給」制度

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...



タイトルとURLをコピーしました