社福士試験31回!現代社会と福祉!問題30!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

現代社会と福祉:問題30

問題30:社会福祉法に関する問
正答は1つ
1×、2◯、3×、4×、5×

1:×

第一種社会福祉事業の経営は、国・地方公共団体に『限定されている』ではなく『限定されていない。社会福祉法人も認められています。』

参考元:社会福祉事業及び社会福祉法人について

2:◯

2000年(平成12年)の社会福祉基礎構造改革の際に、社会福祉事業法の題名が改められたものです。

参考元:DINF/社会福祉基礎構造改革と障害福祉関係法の改正について

3:×

「社会福祉事業」を行わない事業所であっても社会福祉に関連する活動を行う者であれば、社会福祉法人の名称を用いることが『できる』ではなく『できません。』

参考元:社会福祉法人審査基準

4:×

市町村に対して、福祉人材センターの設置を『義務づけている』ではなく『義務づけられていません。』

参考元:福祉人材センターについて

5:×

国、地方公共団体と社会福祉事業を経営する者との関係を規定した「事業経営の準則」は、社会福祉法では『削除された』ではなく『削除されていません。』

参考元:社会福祉法/(事業経営の準則)第六十一条

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...

タイトルとURLをコピーしました