社福士試験31回!現代社会と福祉!問題24!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

現代社会と福祉:問題24

問題24:イギリスにおける福祉政策の歴史に関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4×、5◯

1:×

エリザベス救貧法(1601年)により、『全国を単一の教区』ではなく『地域の教区ごとに』救貧行政が実施しました。

参考元:ブリストル救貧法下におけるワークハウス1696-1722

2:×

労役場テスト法(1722年)は、『労役場以外』ではなく『労役場内』で貧民救済を行うことを目的としています。

参考元:コトバンク/労役場テスト法

3:×

ギルバート法(1782年)は、『労役場内』ではなく『労役場以外』での救済にすることを定めています。

参考元:T.ギルバートの救貧法改革論(1781年)について

4:×

新救貧法(1834年)は、貧民の救済を『拡大』ではなく『縮小』することを目的としています。

参考元:【論説】英米における救貧法の略史

5:◯

国民保険法(1911年)は、健康保険と失業保険から成るものとして創設されています。

参考元:イギリス1911年の国民健康保険

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...

タイトルとURLをコピーしました