社福士試験31回!地域福祉の理論と方法!問題41!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

地域福祉の理論と方法:問題41

問題41:高齢者保健福祉の領域における地域包括ケアの推進に関する問
正答は2つ
1×、2×、3◯、4◯、5×

1:×

介護保険法の改正(2014年(平成26年))で、市町村に地域ケア会議が『必置の機関(義務)』ではなく『置くように努める(努力義務)』として法定化されています。

参考元:介護保険制度の改正と地域ケア会議の位置づけについて/地域ケア会議に関する法改定の内容/18

2:×

生活支援体制整備事業に限定された『地域福祉コーディネーター』ではなく『生活支援コーディネーター』が市町村に配置され、協議体づくりが進められています。

参考元:生活支援体制整備事業と地域ケア会議に求められている機能と役割について

3:◯

介護予防・日常生活支援総合事業では、ボランティア、NPO、民間企業、協働組合などの多様な主体がサービスを提供することが想定されています。

参考元:多様な主体による生活支援・介護予防サービスの重層的な提供

4:◯

在宅医療・介護連携推進事業には、地域住民への普及啓発が含まれています。

参考元:健康長寿ネット/在宅医療・介護連携推進事業とは

5:×

『介護保険法』ではなく『認知症総合支援事業』では、要介護認定に関わる主治医の意見に認知症初期集中支援チームの、『地域での活用に関すること』だけではなく『家族に早期に関わりながら自立生活のサポート』を行うことが目的として記載されています。

参考元:「地域支援事業の実施について」の一部改正について/-44-

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...

タイトルとURLをコピーしました