社福士試験31回!地域福祉の理論と方法!問題36!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

地域福祉の理論と方法:問題36

問題36:地域福祉の対象に関する問
正答は1つ
1×、2◯、3×、4×、5×

1:×

災害対策基本法における避難行動要支援者とは、『本人が同意し、提供した情報に基づいて』ではなく『市町村が基本的な情報を名簿として残し、災害時に円滑な避難の確保を図るたために登載された者』をいいます。

参考元:避難行動要支援者の避難行動支援に関する取組指針

2:◯

「ホームレス自立支援法」におけるホームレスとは、都市公園、河川、道路、駅舎その他の施設を故なく起居の場所とし、日常生活を営んでいる者をいいます。

参考元:ホームレスの自立の支援等に関する特別措置法

3:×

生活困窮者自立支援法における生活困窮者とは、最低限度の生活を『維持できていない者』ではなく『維持することができなくなるおそれのある者』をいいます。

参考元:生活困窮者自立支援法について/対象者の考え方について/8/10ページ目

4:×

ひきこもり対策推進事業におけるひきこもりとは、様々な要因の結果として社会的参加を回避し、原則的には『1年以上』ではなく『6ヶ月以上』家庭にとどまり続けていることをいいます。

参考元:ひきこもり対策推進事業について/ひきこもりについて/2ページ目

5:×

「障害者虐待防止法」における、養護者による障害者虐待とは、身体的虐待、心理的虐待、放棄・放置、経済的虐待の『四つ』ではなく『性的虐待を加えた五つ』のことをいいます。

参考元:東京都福祉保健局/障害者虐待とは/障害者虐待の具体例

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...

タイトルとURLをコピーしました