社福士試験31回!地域福祉の理論と方法!問題35!

社会福祉士国家試験解説
\1冊目は完全無料&登録約3分/

▲無料体験中に解約すれば料金は発生しません▲

はじめに

社会福祉士の国家試験を解説!はじめに!
はじめに こんにちは、AZUです。 前々からしようと思ってた、社会福祉士の国家試験問題の解説をしようと思います。 自分は、31回目の平成最後の試験に何とか合格することが出来ました。 もちろん、1発合格!!! では、...

地域福祉の理論と方法:問題35

問題35:社会福祉法に規定されている社会福祉協議会の活動などに関する問
正答は1つ
1×、2×、3×、4◯、5×

1:×

市町村社会福祉協議会は、市町村地域福祉計画と『一体となって』ではなく『関連させながら』地域福祉活動計画を『策定するとされている』ではなく『策定することが望ましい』とされています。

参考元:地域共生社会の実現に向けた地域福祉計画の策定・改定ガイドブック/26

2:×

市町村社会福祉協議会は、区域内における社会福祉事業又は『社会福祉に関する活動を行う者』ではなく『更生保護事業を経営する者』の過半数が参加するものとされています。

参考元:板橋区社会福祉協議会/社協の目的/社会福祉法第109条

3:×

市町村社会福祉協議会は、主要な財源確保として共同募金事業を『行っている』ではなく『行なってはならない』とされています。

参考元:共同募金について/(共同募金会)第113条/-15-

4:◯

市町村社会福祉協議会は、「社会福祉事業」よりも広い範囲の事業である社会福祉を目的とする事業に関する企業及び実施を行います。

参考元:社会福祉法/第2節 社会福祉協議会(市町村社会福祉協議会及び地区社会福祉協議会 第109条/3

5:×

都道府県社会福祉協議会は、広域的見地から市町村社会福祉協議会を『監督する』ではなく『調整する』こととされています。

参考元:地域福祉・ボランティア情報ネットワーク/(4)社協の法的な位置づけ/第110条

一覧

第32回社会福祉士の国家試験を解説!一覧!
はじめに 第32回(令和元年度)社会福祉士国家試験 問題のPDFは、社会福祉振興・試験センター【過去の試験問題】から引用した資料です。 解説については、問題1に対して1記事でまとめていきます。更新次第、リンクを貼っ...

タイトルとURLをコピーしました