ヘルプマン! 2巻について!!!

ヘルプマン
作者:くさか里樹
出版社:講談社
巻数:全27巻

 

第2巻は、下記のことを知りたい方々におすすめ
・認知症の親を見る辛さ、苦しさ
・初めて認知症を対応すると…
・要介護認定調査の流れ
・ヘルパーってどんなことをしてくれるの?
・主人公の尽くし、思いやる対応
・認知症の方が問題行動と言われてる行動を取る理由

上記の内容に少しでも興味があれば読んで欲しいです。

介護保険制度を超ざっくりと説明します!!

介護保険制度は、いつから始まったのか?

→2000年から施行。

誰が利用できる?

→65歳以上(第1号被保険者)
→45歳以上の特定疾病の診断を受けた方々

どんなサービスを受けられるの?

→施設 : 施設に行って、食事、運動、入浴など
→訪問 : 自宅に来て、食事、入浴、掃除など
→用具 : 車椅子、ベットなどのレンタル

どうすればサービスを利用出来るの?

→ケアマネージャーに相談しながら、必要なサービスを決めて行きます。

ケアマネージャーって?

→困ってるこを聞いてくれて、それを計画書としてまとめてくれて、そして利用したいサービスを調整してくれる人

どうすれば介護保険証をもらえの?

→市役所に申請して、調査員が来て、約1ヶ月ぐらい待つと介護保険証というものが届きます。

介護保険証って何書いてあるの?

→介護保険番号、名前、住所、要介護度、有効期間などなど

要介護度って?

要支援と要介護の2つに分けられてて、
→要支援 1〜2 軽い
→要介護 1〜5 重い

介護保険を利用するまでの流れを超超超ざっくり説明!!!
サービス受けたい、役所で申請、調査来て、介護保険証届いて、CM決まって、利用したいサービス決めて、試して、そのサービスと契約して、サービス開始!

ヘルプマン! 1巻について!!!

ヘルプマン!
作者:くさか里樹
出版社:講談社
巻数:全27巻

 

第1巻は、下記のことを知りたい方々におすすめ
・介護保険が始まった頃の介護現場
・身体拘束をしてしまう気持ちの変化
・祖父母が倒れた時の家族の葛藤
・数秒前の記憶がない認知症って?
・トイレ介助や入浴介助って?

上記の内容に少しでも興味があれば読んで欲しいです。

この本の内容にも書いてありますが、日本は世界一位の老人国となりました。

厚生労働省の調査によると2018年9月時点で、100歳以上の人口は、なんと7万人です!!!

言い方によって、長生きが出来る国、長寿の国ということになりますね!

大切な人には、長生きをしてて欲しいです。

ただ、悲しい現実もあります。

歳を重ねれば重ねるほど、身体の至る所に、欲しくもない病が現れてきます。

代表的なのは、悪性新生物(一般的に言う癌)、心疾患、脳血管疾患などです。

避けては通れない道です…

この本では、避けては通れない病の一つ、認知症について、リアルに書かれています。

自分は、福祉の現場に就いて、10年経ちましたが、本当にリアルに描かれてるなと感じます。

3回目ですが、本当にリアルです。

テレビでも、認知症について、報道がされているので、何となくの認知症の知識はあると思いますが、

この本を読めば、何となく→→→もう少し深い所まで知ることが出来ます。

正直、私自身、漫画本という扱いではなく、参考書として保持しています。

これから、一巻一巻、思うことや感じたことを共有していこうと考えています。

内容をというよりも、自身の経験と紐付けしながら、ブログを書いていくつもりです。

お勧めの書籍①

↑ご購入希望の方:楽天市場のページに飛びます!!

手紙屋 / 喜多川泰
学生の時に読みました。読んだ後の気持ちを例えるとしたら、天気の良い朝にカーテンを開けて太陽の日差しが部屋に入ってくるような感じでしょうか。この作品で喜多川泰さんの書籍を集めるようになりました。

楽天マガジン